豊島区南大塚 JR大塚駅徒歩5分
地図
→詳しくアクセス方法を見る
〒170-0005
東京都豊島区南大塚2-37-11
ハイムセクオイア101
Tel:03-5319-0873
Fax:020-4667-8275
【メールでのお問合せはコチラ】

くにやクリニックは、豊島区南大塚にある漢方のクリニックです。保険診療OK!お気軽にご相談ください。当院は臨床研修協力施設です。

詳細はこちら

漢方あれこれ

漢方は経験と研究心のある医師がよい

病気の治療を受ける際には、ベテランの医師にかかりたいと思うのが普通です。 漢方の場合は西洋医学と違って、おじいちゃん先生が必ずしもベテランではありません。どうしてでしょう。 これは、日中国交回復の時期が関係しています。

昭和47年に日中国交が回復し、日本からは工業製品が輸出されることとなりました。しかし、逆に中国から何を輸入するか、といったことが問題になりました。その際に漢方薬を輸入することを決定し、昭和51年から健康保険で漢方エキス製剤が使えるようになりました。昭和51年以前は漢方薬が健康保険で使えなかったため、薬局や少数の医師が自由診療で治療を行なっていました。そのため、昭和51年以前に漢方の勉強をしていた医師は数えるほどしかいませんでした。

 漢方薬は漢方の理論に基づいて治療して、初めて効果が現れます。気管支喘息には柴朴湯がいいとか、アトピー性皮膚炎には黄連解毒湯、小柴胡湯、消風散の組合せがいいなどという西洋医学的な考え方で漢方薬を処方する医師をしばしば見受けます。「気管支喘息」や「アトピー性皮膚炎」といった病名は西洋医学の病名であり、東洋医学的な発想が必要な漢方薬と西洋医学の病名を1対1で結び付けることに無理があります。効果が上がらないのはそのためです。

 佐藤一弘(仮名)さんは、40歳のサラリーマン。気管支喘息とアトピー性皮膚炎があり、小さい頃から治療をしていました。大人になったら治ると言われていましたが、よくなりません。近くの大学病院から黄連解毒湯、小柴胡湯、消風散の3種類の漢方エキス剤をもらっていましたが、あまり効果はなく諦めていました。知人が当病院の漢方薬で良くなったために紹介され来院しました。診察後に柴朴湯という煎じ薬を差し上げたところ、飲み始めてすぐに喘息の発作が起こらなくなり、アトピー性皮膚炎も少しずつ良くなり1年程で湿疹はわからない程になりました。

 このように漢方治療は、漢方の理論に基づいているかどうかで治療効果が違いますので、漢方専門の施設で治療することが必要です。